不妊・皮膚病を漢方の力で解決!クスリのミネサキ(鹿児島県)

ご相談予約受付中
不妊のお悩み
不妊と心の関係
中国漢方による不妊改善
周期調節法
不妊の原因
男性不妊、その他
皮膚のお悩み
赤ら顔
ニキビ・吹き出物
アトピー
蕁麻疹(じんましん)
ご相談事例・その他
ふれあい漢方相談
体の中から美しく
漢方で体質改善
からだの悩み
ミネサキおすすめ商品
気ままにスタッフメモ
生活習慣と不妊の関係

厚生労働省より平成26年度、27年度の出生順位別の出生数公表されました。

掲載日:2016.10.28

妊娠と年齢はとても気になることです。

高齢になると「卵子の老化」「卵巣の機能低下」になる
という事は承知の事と思います。


「もうすぐ40歳になりますが、妊娠出来ますでしょうか?」など

不安な気持ちをご相談なさる方が多いです。
はたして現実はどうでしょうか
?


厚生労働省より平成26年度、27年度の出生順位別の出生数のデータが公表されました。

☆50歳以上の出生数について
(厚生労働省、日本産婦人科学会公表データー)

平成26年度 50歳以上の出生率 :    58名

平成26年度 45歳から49歳の出生数: 1214名

平成26年度 40歳から44歳の出生数: 49606名

※個性労働省ホームページより転記

 

☆またART治療(高度生殖医療)による出生数は

平成26年度 50歳以上の出征数  :     4名

平成26年度 45歳から49歳の出生数:  122名

平成26年度 40歳から44歳の出生数: 7667名
※日本産婦人科学会ARTデーターbookより転記 

 

となっております。
もちろん厳しい面もありますが、意外や意外。
40歳以上の方も
妊娠なさっている方が多いという実感です。

 

上の厚生労働省の発表データーと日本産婦人科学会の発表データーから考察すると

 

50歳以上の自然妊娠率      93.1%

45歳から49歳の自然妊娠率   89.9%

40歳から44歳の自然妊娠率   85.0%

なんと自然妊娠率が高いですね。

 

年齢が上がると卵子の老化、着床障害、流産など妊娠出産の
リスクが高くなりますが、
良い卵子・良い子宮を作る身体があれば、
高齢でも妊娠出産が出来るという事が、このデータから読み取れます。

良い卵子・良い子宮を作るためには、
ホルモンや自律神経のバランスを整えることが大切です。

 

そのために

*良い睡眠をとる。

*身体を冷やさないように。

*嫌煙。お酒も飲みすぎないように。

*適度な運動をする。

*抗酸化作用のある食べ物を食べる。

*ストレスを解消してリラックス・ 

 

また、漢方薬やサプリメントを利用して体調を整えることも良いですよ。

 
「妊活」に良く使われる漢方薬は「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」



 

「妊活」を応援するサプリメントとしては「タンポポショウキt-1」です。

 

仕切り線

▲上に戻る